sinowa再び

2011 6.5

サイケガレージポップバンド、シノワの関西復活ライブにあわせて販売するDVDの

パッケージを担当しました。真夜中の電話で打ち合わせ。話しているなかで、緊迫する

原発情勢に心を痛めるメンバーの思いの切実さに幾度となく触れてきました。

この時期にリリースされるDVDに自分は何を描くのか。からっぽのまま、毎晩ただ

手を動かす。


なぜかふと思い出した実家においたままの「かいのなかのアリス」。幼稚園のとき読んでいた絵本のシリーズの中の一冊です。

水彩とインクか…ちょっとやってみよう、とかいのなかのアリスを参考に、と始めてみたも

のの、この色彩のマジック、線の軽さと重さ、力の抜け加減、ややや。

本の裏にあった名前。挿絵 太田大八。1918年生まれ、92歳!日本を代表する

挿絵画家の作品でした。このあいだ本屋で目にとまった、「かさ」という本も

彼の作品だと分かり、ひとりパソコンの前で「おおお」と感動してしまいました。

この絵はじゃあ、60代で描いたのね、まだ自分ここまでいくのに時間はある!と

のんきにうれしくなって、あっさりと自分のできる範囲でやるもんね、と気分が

明るくなったのでした。そうしたら急に絵が動き出して、一晩まるっと使って

DVDの扉絵ができました。

そこから印刷やらなんやらで、結局きのうライブ当日にシノワメンバーのもとに

届いたようです、よかった、間に合いました。気に入ってもらえたようで、ほ。

自分のもとにまだ原画も、出来上がったDVDもないので、また近々UPします。

よろしくです。

花とミサイル

MACKEE          illustration / drawing / livepainting ISE/JAPAN

0コメント

  • 1000 / 1000