未来と実験

2013 4. 17

今日味噌の仕込みをした。大豆と麹と塩の3アイテム、あとは保存容器と半年先の未来までの時間。

ぶしぶしと味噌玉の空気をぬいて容器につめて蓋。部屋の片隅においた。青い琺瑯です。

大量消費という螺旋から降りる、いちぬけた。ん、いちぬけたい。

東日本の震災と、福島の現状に対する政府と企業の動向を観察し続けた。

うんと悩んで学んでそして手と身体を動かして、楽しみに変えていかないと、

利便性の奴隷になってしまう。

コンビニエンスストアと量販店だらけの国道沿いの風景は,その土地それぞれの景色を消し去って、乱雑な広告だらけの空疎な景色になってしまった。

日本の田舎の湿度や緑の山々にそぐわないものにどんどん浸食されていってしまう。

近所で買い物、個人商店でできるだけ。自分のお金をできるだけ伊勢の店で使う。

作れるものはそこで購入して、作ってみる。ずぼらでゆるい自分には結構大変だけど、

何か楽しいものになるといいなと思ってやってみた。まさか自分が味噌作るなんてね。

そしたら半年先の未来が部屋のすみでこっそり息づいている。

まだまだ毎日練習と実験が続く。

未来を仕込む、日々それぞれに。

花とミサイル

MACKEE          illustration / drawing / livepainting ISE/JAPAN

0コメント

  • 1000 / 1000